代理店とはどのようなものか

代理店とは、メーカーや仕入れ先とのあいだにたって、顧客に商品を販売する店のことです。たとえば、ツアー旅行を販売したり、生命保険の商品を販売したりすることができます。代理であるために、利益はそのメーカーのものとなりますが、逆に売れない場合でも責任を負う必要がないという点があげられます。旅行の代理のお店では、航空会社やバス会社の仲介をして、ツアーなどの販売をおこなって、その会社から利益をえています。大勢の顧客を獲得することができるために、顧客の費用は個人旅行よりも安くなります。

個人で起業をしたい場合、はじめからすべてやるのはリスクが高くなりますが、このような形態をとっていれば自分ですべての責任を負う必要がないので、低リスクで始めることができます。商売が軌道にのってきたり、自分のやりたいことがやれるようになったら、そこから独立をすることも可能です。そのため、自分で店を構えたい人が最初に行う方法としても人気のやり方です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>